ロボットプログラミング教室の目的

現代の教育に求められているものは、従来は暗記型学習だったものが、得た知識を活用する21世紀型教育へと変化を遂げています。知識を活用するというのはすなわち、自分で問題を発見し、調べ、考え、表現する力のことです。

このような変化の背景には第四次産業革命にあります。

第四次産業革命を簡潔に説明すると、IoT(あらゆるものとインターネットがつながり、リアルタイムで情報をやり取りできる仕組み)や、AIによる様々な業務の自動化のことをいいます。こうした時代に人間にとって必要なのは、現存するものの自動化の仕組みを理解し、そのうえで今後どんなことを生み出していけるかという思考や発想になるわけです。その為に必要な力がいわば「プログラミング的思考」になります。

こうした背景を踏まえ、2016年に安倍首相が明言した、2020年~小中学校でのプログラミング教育の必修化決定を受けて、近年全国各地にプログラミング教室が爆発的に増加しています。その中でも当アーテックエジソンアカデミーは教室数・生徒数が全国No.1のロボットプログラミング教室です。

エジソンアカデミーでは小1~6年生まで学年に応じてコースを選ぶことができます。低学年はロボットプログラミングに加え取り組みやすいパズルの授業もあり、楽しみながら空間認識力を身につけることができます。高学年では、より専門的でプログラミング重視の授業を行います(詳細は各カテゴリをご覧ください)。

まずはお気軽に体験教室にお越しください。